頭のおかしな職員の相手をさせるために派遣を雇っている大学

派遣社員として登録したのは、自分のもつ資格、職種に正職員の道がなく、派遣へと移行していたため軽い気持ちで派遣社員として勤めた経験があるのですが、とても強く記憶に残った経験が2ヶ所であります。

職種は2ヶ所とも大学での仕事でした。2ヶ所とも後で知ったのですが、紹介された会社で悪い意味での有名な方と一緒に働く仕事だったらしく、一緒に働いた本務職員の人達が次々に体調を崩すので、派遣社員を雇って、その人と一緒に働いてもらっていたとの事でした。

2ヶ所ともその悪い意味での有名人は女性だったのですが、そんな人が上司だと本当に大変で、毎日変な疲れの残り方でした。派遣社員へ仕事の命令や仕事を教える事はせず、派遣社員の給与を不満に思っていたらしく、嫌がらせをされる日々が続きました。嫌がらせのの内容も独特で、とにかく面倒くさく、私の前任者への不満も大きかったようで、派遣会社への不満もとにかく、不満という不満を誰かにぶつけたかったように見えました。どんな嫌がらせをしても、冷静にかわしていたし、泣かなかったので、それも気にくわなかったようです。派遣社員へは高い給与を払っているのだから、本務の職員に仕事を教えるべきだとか、よく意味が分からない人でした。

そんな日々の中、特に記憶に残った事件があります。紹介先の会社で大きな火災があった時の事です。建物の一部が火に包まれ、現場はとてもパニックになっていました。有事の際に、その人の本当の姿は見えるものですね。そうでなくとも普段からおかしかったのですが。この女性上司の方、初めは一人叫び走り回りいつもに増して大パニックになっていたのですが、何を思ったか、急に派遣社員である私へカメラを渡し、近くまで行って写真をとってこいと叫び命令をするではありませんか。爆発音も聞こえ、消防が火災現場近くへの立ち入りを禁止し、職員全員へ避難指示が出て誘導されているにもかかわらず、派遣社員の私へ大声で、近くへ行って写真をとってこいと、怒鳴り散らしての命令でした。

無視をして、安全な場所へ彼女を誘導したのですが、怒鳴りちらし、自分が火災現場へ走り出すもんだからもう大変。その日は、彼女の奇怪な行動を皆で止めるのに必死になりました。普段からの常識を逸した行動とこの件が重なり、派遣会社へこの件も伝え、私が退職する事でその人から逃げました。派遣会社の方には普段から、この上司の事は相談をしていたのですが、もっと酷い上司もいるからなんとかうまくやって欲しいとなだめるだけで対応してもらえなかったので私の方が辞める事としました。

別の紹介先でも強烈なキャラクターの女性の上司がいたのですが、10ヶ月我慢して、そこも辞める事にしました。そこの紹介先側の人事の方から、辞める時に、私が一番長く続いたという事を教えてくれました。そして、その時の上司も誰も手に負えず、派遣社員にどうにかこの人の相手をしてもらっているとの事でした。この紹介先の上司の方の件、後で聞いた話では、大学と裁判になるかもしれない程トラブルになっているとの事でした。

同じ派遣会社からの紹介先での似た出来事だったので、その後その派遣会社からの紹介はうけていません。派遣社員がまだ珍しかった時の事で、普通に仕事をするためではなく、やっかいな正職員の方達と一緒に勤める人員として、派遣を利用するという事を2ヶ所で経験しました。派遣社員へ対する理不尽な扱いに疲れ、仕組み疲れ、格差疲れをしました。

最近久しぶりに、前の派遣会社ではなく別の派遣会社からの紹介で、週に2日だけ仕事をしているのですが、今の場所ではそういう事もなく、普通に仕事をして普通の人間関係の中で仕事をさせてもらっています。派遣会社によってこうも差があるのか、それともたまたまなのかはよく分かりませんが、今でも、火の中に飛び込んで行けと命令した女性上司の人の子とは忘れられません。